この講で学習すること
1.「販売のつど売上原価に振り替える方法」って?
2.なんでこんなめんどくさいことするの?
3.「販売のつど売上原価に振り替える方法」と3分法、分記法のまとめ

販売のつど売上原価に振り替える方法とは

日商簿記2級で出題されることとなったこの「販売のつど売上原価に振り替える方法」(売上原価対立法ともいいます)について、いきなり仕訳方法からご紹介します。

【商品仕入時】
仕入勘定ではなく、分記法のように「商品」勘定(資産)を使う
【商品売上時】
3分法と同様、原価と儲けを分けず、売価ベースで「売上」勘定(収益)に計上する
とともに、当該売上分の商品原価について、商品勘定から売上原価勘定に振り替える

わかりにくいので、さっそく具体的な設例で見ていきましょう。

(1)商品A(¥@50)を40個仕入れ、代金は現金で受け取った。

【仕訳】
(1)
(借)商 品 2,000
/(貸)現 金 2,000

分記法と同じで、仕入勘定ではなく、商品勘定を使います。

(2)(1)の商品Aのうち30個を¥@100で売り渡し、代金は現金で受け取った。

【仕訳】
(2)
(借)現  金 3,000
(借)売上原価 1,500
/(貸)売  上 3,000
/(貸)商  品 1,500

太線部分が、「売上原価に振り替える」仕訳です。
売上は3分法と同じく、売価ベースで収益に計上したうえで、原価ベースの商品(資産)を貸方から払出し、売上原価(費用)としています。
3分法では決算整理仕訳でおこなっていた売上原価の処理を、販売のつどやるというわけです。

なぜ、こんなめんどくさいことをするのか?

「分記法と3分法のミックス?」
「分記法よりもさらにめんどくさいじゃん?」
「これなら分記法でいいじゃん?」

って思いますよね。
そもそも、販売のつど商品の原価を記録するのがめんどくさいから、3分法でまとめて決算時に処理するんじゃなかったっけ?
でも考えてみれば、決算を締めてみないと儲けがどれくらいかわからないなんて、事業の経営上はありえないハナシですよね。
商品ごとの儲けを把握して、どの商品の利幅が大きいのかなど、個別に儲けを把握しておくことは、経営戦略上必要なことです。
それに、「販売のつどいちいち原価と儲けを記帳するのが手間」といっても、それは手書きのハナシであって、会計ソフトやシステムを使えば、そんなに手間でもないわけです。
「だったら、分記法でいいじゃん?」
ってなりますよね。
しかし、最終目標である決算書類の一つ、損益計算書(P/L)のつくりを思い出してください。
売上高から売上原価を引いて、売上総利益を出すというつくりになっていますよね。
分記法では、商品売買益の残高合計で売上総利益は分かりますが、売上高と売上原価がそのままではわからないことになります。
そこで、P/Lに必要な、売価ベースの「売上」は残しつつ、やはりP/Lに必要な「売上原価」と「商品」(次期への繰越商品のこと)を取引の都度明確にする、この「販売のつど売上原価に振り替える方法」が登場するわけです。
このやり方だと、日次でも週次でも月次でも、必要な時にいつでも売上高と売上原価(それを引いた売上総利益)、それに在庫商品がすぐに把握できるメリットがあります。
特に日商簿記では、月次決算を意図して、このやり方を出題範囲にしているようです。
ただし、通常の仕訳はやはり3分法が一般的なので、今後このサイトでも特に指定がない限りは、3分法で会計処理することとします。

分記法と3分法、販売のつど売上原価に振り替える方法のまとめ

さいごに、分記法と3分法、販売のつど売上原価に振り替える方法の仕訳とメリット・デメリットをまとめておきます。
分記法3分法売上原価対立法まとめ

▶▶▶次講「収益の認識基準(出荷基準・引渡基準・検収基準)」へ