この講で学習すること
・個人商店の開業(日商簿記3級)と株式会社の設立(日商簿記2級)の違い
・株式会社設立時の仕訳
・例外の方が頻出!資本金計上の原則と例外

個人商店の開業(3級の復習)

【設例】
事業主が現金¥20,000を出資して当店を開業した。

当店(事業)から見れば・・・¥20,000は借りてきたもの=借方
貸してくれたのは誰?・・・事業主!(出資者からの出資金=資本金)=貸方

【仕訳】
(借)現 金 20,000
/(貸)資本金 20,000

これが、日商簿記3級の最初に学習した、個人事業スタートの仕訳でした。
(日商簿記3級の資本金の復習は・・・簿記初心者徹底応援サイト「スキマ時間で簿記3級!開業・資本金」

株式会社の設立

丸八株式会社は設立にあたり100株を1株当たり¥10,000で発行し、その全株について引受け・払込みを受け、払込金は当座預金とし、全額資本金とした。
【仕訳】
(借)当座預金 1,000,000
/(貸)資 本 金 1,000,000

資本金計上の原則と例外

【原則】
株式払込金額の全額を資本金に計上

原則があるからには例外があります。
全額を資本金に計上しないとしたら・・・?

【例外】
株式払込金額の1/2までは資本金としないことも可能

資本金としなかった払込金はどうするの?
「資本準備金」勘定にします!
そして、原則どおりでは問題にならないので、例外の方が出題されることになります。

解ける!本試験レベル問題

丸八株式会社は設立にあたり100株を1株当たり¥10,000で発行し、その全株について引受け・払込みを受け、払込金は当座預金とした。
(1)ただし、会社法に規定する原則額を資本金に計上することとした。
(2)ただし、会社法に規定する最低限度額を資本金に計上することとした。

(1)原則どおり、全額資本金なので、

【仕訳】
(借)当座預金 1,000,000
/(貸)資本金 1,000,000

(2)最低限度額=1/2なので、資本金と資本準備金で半々にします。

【仕訳】
(借)当座預金 1,000,000
/(貸)資 本 金 500,000
/(貸)資本準備金 500,000

【株式会社設立のまとめ】
・資本金計上の原則=株式払込金額の全額を資本金に計上
・資本金計上の例外=株式払込金額の1/2までは資本金に計上しないこともできる
・資本金に計上しなかった株式払込金は・・・「資本準備金」へ

▶▶▶次講「どっちがどっち?」株式会社設立に伴う「創立費」と「開業費」について