この講で学習すること
・販売済みの商品・製品に不具合が生じたら?
・不具合が、次期以降に生じたら?
・商品(製品)保証引当金の繰り入れ
・商品(製品)保証引当金繰入のP/L表記

販売済みの商品・製品に不具合が生じたら?

【設例1】
当社がX8年12月1日に販売した商品に関し、顧客から保証期間内の無償修理の申し出があり、X9年3月19日に修理代金¥15,000を現金で支払った。なお、当社の会計期間は4/1から3/31までの1年間である。

【仕訳】
(借)商品保証費 15,000
/(貸)現   金 15,000

借方=修繕費ではありません。
自社の資産に関する修繕ではなく、販売した商品(製品)の、保証期間内の無償修理の場合は、商品保証費(製品の場合は製品保証費)勘定を使います。
そして、P/L表示上の費用のグループとしては、販売費及び一般管理費(販管費)になります。
(営業外費用や特別損失でないのは、明らかですよね?)

不具合が、次期以降に生じたら?

では、【設例1】の商品保証費の発生が、X9年4月19日だったら?
つまり、会計期間をまたいで、前の期の売上に対応する商品保証費が、次の期に発生したら?

期をまたぐ貸倒損失の場合のように、収益をP/Lにカウントする期と、費用がP/Lにカウントする期がずれてしまうわけです。

そこで、貸倒れの場合のように、売り上げが発生した期(の期末決算時)に、見込みで引当金を繰り入れて費用計上しておき、次期以降に実際に保証費(無償修理費用)が発生した際に、引当金から引き当てることができます。

商品(製品)の販売後の保証に関する引当金なので、商品(製品)保証引当金といいます。

この商品(製品)保証引当金は、貸倒引当金のように資産から控除する形で計上するのではなく、負債の部に計上します。

商品(製品)保証引当金の繰り入れ

【設例2】
X9年3月31日、本日決算日につき、当期売上高¥1,000,000の1%を見積もり、商品保証引当金を設定した。

【仕訳】
(借)商品保証引当金繰入 10,000
/(貸)商品保証引当金  10,000

【設例3】
当社がX8年12月1日に販売した商品に関し、顧客から保証期間内の無償修理の申し出があり、X9年4月19日に修理代金¥15,000を現金で支払った。なお、当社の会計期間は4/1から3/31までの1年間であり、商品保証引当金勘定の残高は¥10,000であった。

【仕訳】
(借)商品保証引当金 10,000
(借)商品保証費    5,000
/(貸)現     金 15,000

商品(製品)保証引当金繰入のP/L表記

決算整理として計上された商品(製品)保証引当金繰入勘定は、損益計算書上、どの費用グループに表記されるのか?
答えは、販売費及び一般管理費(販管費)です。
これは、商品(製品)保証費が販管費に含まれることから、わかりますね。
商品保証引当金繰入のPL表記

商品(製品)保証引当金のまとめ
・前期以前に販売した商品(製品)の保証費用について、負債に計上された商品(製品)保証引当金から取り崩す
・商品(製品)保証引当金は、当該売上のあった期の期末(決算時)に計上する
・商品(製品)保証引当金繰入勘定は、P/L上、販売費及び一般管理費に計上する