この講で学習すること
・もしも返品がなかったら?
・もしも当期中に返品があったら?
・もしも次の期に返品があったら?

もしも返品がなかったら?

【設例1】
(1)X9年1月20日、商品¥8,000を仕入れ、代金は掛けとした。
(2)X9年2月20日、(1)の商品を¥12,000で得意先に販売し、代金は掛けとした。
ただし当社の会計期間は4/1~3/31である。

【仕訳】
(1)
(借)仕 入 8,000
/(貸)買掛金 8,000
(2)
(借)売掛金 12,000
/(貸)売 上 12,000

もしも当期の仕入と売上がこれだけだったら、決算を締めると、
返品なしの売上総利益

 

 

 

 

売上高¥12,000-売上原価¥8,000=売上総利益¥4,000
になります。

もしも当期中に返品があったら?

【設例1のつづき】
(3)X9年3月20日、品違いのため(2)の商品が全て返品され、掛代金を全額取り消した。
ただし当社の会計期間は4/1~3/31である。

【仕訳】
(3)
(借)売 上 12,000
/(貸)売掛金 12,000

当期売上戻り

 

 

 

 

 

このまま決算を迎えた場合、売上はまるまる取り消されて売上高ゼロ。
しかし、仕入勘定は残高が残っているから、
売上高¥0-売上原価¥8,000=売上総利益▲¥8,000(赤字)?

・・・ではありませんね。
返品された商品が戻ってきたので、期末棚卸し戻り商品が棚卸資産にカウントされ、仕入勘定から繰越商品勘定(資産)へ振り替えられるので、売上原価もゼロ。売上総利益もゼロになりますね。

当期返品ありの売上総利益

もしも売り上げの次の期に返品されたら?

【設例1のつづき】
(3)’ X9年4月20日、品違いのため(2)の商品が全て返品され、掛代金を全額取り消した。
ただし当社の会計期間は4/1~3/31である。

【仕訳】
(3)’
(借)売 上 12,000
/(貸)売掛金 12,000

・・・とやってしまうと、もともと無い売上からマイナスし、無い仕入から繰越商品に振り替えることになります。

次期売上戻りの場合

 

 

 

 

 

 

 

そこで、返品の際に、無い売り上げをマイナスにする(借方に計上する)のではなく、戻り商品をもともとの原価で仕入れたといった形式をとるのです。
そして、売上利益の取り消し部分について、返品調整引当金を取り崩して充てる、という会計処理(仕訳)をするわけです。

返品調整引当金の使用法

 

 

 

 

 

 

こうすることで、決算整理時に、再度仕入れたカタチで仕入勘定に残高として残っている戻り商品を、期末棚卸で棚卸資産にカウントし、仕入勘定(費用)から繰越商品勘定(資産)へ振り替え、売上原価はゼロにします。
売上勘定はもともとゼロでスタートしていて、返品時の仕訳でもマイナス(借方計上)していないので、売上高もゼロ。
残るのは、戻り商品に含まれる売上利益部分の取り消しですが、これも、あらかじめ売り上げのあった期の期末に返品調整引当金を繰り入れしていれば、P/Lへの費用処理は、前期末に済んでおり、今期は、引当金を充てるだけ、ということになります。