この講で学習すること
1.通常の受取手形・支払手形と営業外手形の違いとは?
2.営業外手形の具体例

通常の受取手形・支払手形と営業外手形の違いとは

これまで学習してきた約束手形(受取手形・支払手形)は、営業用の商品の仕入れ代金(または買掛金)や売上代金(または売掛金)の決済手段として使用するものでした。

ところで、商品以外の売買代金の決済手段としても、約束手形を使用する場合があります。
商品以外の売買といえば・・・?

そう、固定資産や有価証券などがありましたね。

つまり、売掛金・買掛金とならずに未収入金・未払金となる類の売買取引です。
これらの売買代金の決済手段として約束手形を使用する場合は、通常の商品売買に使用する手形と区別するために、

営業外受取手形」勘定
営業外支払手形」勘定

というように、アタマに「営業外」を付けた別の勘定科目名を使うことで、通常の商品売買に使う約束手形と区別します。

営業外手形の具体例

【設例】
事務所で使用する備品¥50,000を購入し、代金の支払いとして約束手形を振り出した。

【仕訳】
(借)備     品 50,000
/(貸)営業外支払手形 50,000

【設例】
営業用に使用していた備品¥30,000を売却し、代金として売却先振出しの約束手形を受け取った。

【仕訳】
(借)営業外受取手形 30,000
/(貸)備     品 30,000

営業外受取手形・営業外支払手形のまとめ
商品の仕入れ・売上代金以外の売買代金決済に約束手形を使用する場合、通常の商品売買と区別して
「営業外受取手形」
「営業外支払手形」
を使用する